FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『子連れ狼 死に風に向かう乳母車』

三隅研次『子連れ狼 死に風に向かう乳母車』再見、

子連れ狼こと元公儀介錯人・拝一刀=若山富三郎と、その子・大五郎は、旅の途中、渡り徒士の加藤剛に立会いを求められるが、加藤を真の武士と見た若山は、対決前に「分け」とし、その場を去る。

その後、若山一刀親子は、女衒の名和宏を襲いかかられたはずみで殺してしまった少女を匿うが、少女は、浜木綿子の一家に女郎として売られていた。

少女の持つ位牌を見た若山一刀は、引渡しを求める浜の申し出を断り、その代償として、少女の代わりに、女郎の責めである水責めと”ぶりぶり”にかけられる。

少女は解放されるが、若山一刀のあまりの強さと根性に敬服した浜は、父・浜村純に引き合わせ、浜の双子の姉を殺した天領代官・山形勲を殺すよう、若山一刀に刺客を依頼する。





小池一夫、小島剛夕の原作漫画を、勝プロダクションが製作し映画化した、若山富三郎=拝一刀主演の映画版シリーズの第3作。

脚本も小池一夫が担当している。

貫禄、殺気、威厳、強さの全てを見た目で完全に体現している若山富三郎の強烈な存在感は、冥府魔道に怯まず突進していく拝一刀にはさすがに似合いまくる。

個人的には最高、最強のハマリ役の拝一刀だと思う。

そもそも隙のない緊密な殺陣シーンを演出する三隅研次の時代劇に、マカロニウエスタンのように血が飛び、腕が飛び、若山一刀が宙を舞う場面などなどが加わり、あまりにも荒唐無稽ではあるが、緊迫感と臨場感と生々しい迫力がない交ぜになった面白さとなっている。

冒頭、渡り徒士に落ちぶれているが善玉っぽい加藤剛が、仲間の質の悪い渡り徒士たちが旅の母娘をレイプしようとして、お付きの男に追い回されると、仲間を叱責するのかと思いきや、加藤はいきなり男を叩っ斬り、何故か母娘まで叩っ斬ってしまい、質の悪い渡り徒士たちより加藤剛の方がヤバい奴であることがわかる。

しかし加藤は別にサイコパスな殺人剣士なのではなく、真の武士を追求している男だそうで、若山一刀にまで”真の武士”のお墨付きを貰うのだが、真の武士が罪もない旅の男や母娘を無慈悲に殺すのかよ(苦笑)とは思う。

その後は、若山一刀が女衒を殺した女を庇って、浜木綿子一派に水責めと、縛られてからグルグル回されて棒で叩かれまくる”ぶりぶり”を代行し、呻き声すら上げない根性を浜木綿子一派に怖れられるのだが、その”ぶりぶり”をやってる時のぶりぶりぶりぶり歌いまくる掛け声が中々可笑しい。

若山一刀は、浜の頼みで双子の姉の仇の山形勲を殺すよう刺客依頼を受け、そこからは山形との攻防戦となるが、山形の用心棒の草野大悟のガンマンが、川で溺れる大五郎を助けようとして拳銃を沖に置いてきて、それが大五郎の芝居とわかった直後に若山一刀に斬られるのだが、これはまあ父子の連携プレイと言えば聞こえはいいが、随分卑怯な手ではある。

悪役草野の慈悲の心を、小さな息子に踏みにじらせて叩き斬るというのは、拝一刀らしいと言えばらしいが、ほとんど卑劣な悪役まんまの作戦である。(苦笑)

もう一人の用心棒、和崎俊哉を若山一刀が宙を舞って、和崎の脳天に刀を落とす殺し方などは、「必殺」シリーズを超えている秀逸さである。

それにしても、ラストの地蔵ヶ原での、弓や鉄砲の部隊から、戦並みの数の兵を率いる山形勲軍団VS若山一刀親子2名の対決となるクライマックスはあまりにも圧巻である。

山形軍団が弓をどんだけ撃とうが乳母車がブロックし、鉄砲隊が一斉射撃をすれば、若山一刀は乳母車内蔵のマシンガンで鉄砲隊を蜂の巣に。

迫り来る兵には手榴弾を投げまくり、数が減った兵を刀と薙刀で叩き斬り、臨機応変に宙を舞ってはどんどん斬り殺し、ついには山形勲一人に。

しかし馬に乗って銃を撃ちまくる完全な西部劇ガンマンスタイルの山形に、若山一刀はなんと二丁拳銃で山形を射殺し、山形勲軍団を全滅させてしまうのだから恐れ入る。

ここまでバカを超えた荒唐無稽さだと、笑ってる暇もなく、ひたすら感動を覚えるしかない。(特に劇場の大スクリーンで見ると)

こうした無茶苦茶に荒唐無稽すぎる描写を、今日一番受け継いでいるのは、やはりロバート・ロドリゲスの「マチェーテ」シリーズだろう。

三池崇史の「スキヤキウエスタン・ジャンゴ」は好きな映画ではあるが、バカを通り越した荒唐無稽の迫力という点では、この1972年製作のプログラムピクチャーにまだまだ負けていたなと思う。

その上で最後は、真の武士道を全うしようとする加藤剛と若山一刀の再度の立ち会いで終わり、中々抒情溢れる終わり方をするのである。

それも、介錯した若山一刀に首を撥ねられた加藤の、その斬られて転がる首の一人称主観(と言っても、もう首だけだから死んでるが)ショットを挿入するなどという、最後の最後まで奇天烈なことをやっているのに、それでもラストは抒情に満ちているのである。

これは全編に渡って、三隅研次の山々や川や竹林、草原地帯や岩場などなどの大自然に向けられた鋭いショットに内在する抒情性ゆえではないかと思う。

今なら、まるで北野武と三池崇史が一緒に撮ったような映画に見える。

バカを通り越した荒唐無稽時代劇ではあるが、そのことに映画的感動すらある、素晴らしき一篇。

2018/05/29(火) 00:06:52 東宝 トラックバック:0 コメント(-)
次のページ