FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『予兆 散歩する侵略者 劇場版』




黒沢清『予兆 散歩する侵略者 劇場版』再見、

夏帆は、職場の同僚の岸井ゆきのが、家に幽霊がいると言うので岸井の自宅に行くが、そこにはただ、実の父親がいるだけだった。

岸井は精神的におかしいのでは?と思った夏帆は、夫の染谷将太が勤める病院の心療内科へ岸井を連れていくが、そこで医師は、岸井には「家族」という概念が欠落していると告げる。

家に帰り、夏帆は病院で紹介された新任の外科医の東出昌大に奇妙な違和感を抱いたことを染谷に話すが、染谷は気にも留めない態度を取る。

だがその後、染谷がいつも東出と共に行動し、精神的に逼迫していく様を見て、夏帆は不安にかられる。

そして夏帆は、病院で染谷と一緒にいた東出から「地球を侵略しに来た」と告白される。

東出の言葉を本気にしていいのか迷う夏帆だが、しかし、このところ、次々に巻き起こる異変に東出が関係しているのではないかと、疑惑の念を深めていく。





前川知大の劇団イキウメの舞台が原作の「散歩する侵略者」のスピンオフ。

元々WOWOWで放送されたものを編集して劇場版の映画にした作品。

脚本は、黒沢監督とは「復讐」シリーズや「蛇の道」などで組んでいる高橋洋。

人間の概念を奪いながら地球侵略を進める宇宙人と、夏帆と染谷の対決がメインで描かれている。

低予算ゆえもあるだろうが、こちらには「散歩する侵略者」にあった派手な特撮はあまり出てこない。

しかしその分、より黒沢清らしい、濃厚な映画的緊張感が過度に充満しており、寧ろこのTV放映作を劇場版にしたこちらの方が、映画としての濃度が「散歩する侵略者」より上ではないかとすら思える。

どの場面も徹底的に古典的なまでの映画の根源描写で埋めつくされており、冒頭から「うわー、映画だ、映画濃度濃いな」と思って見ていると、それがそのままホラーそのものでもあるという、謂わば、映画原理とホラー描写が一致している、または二重化しているような、黒沢清映画独特の根源的描写が全編に渡って貫徹している。

これは黒沢清作品には絶えず垣間見られるものであり、特に「LOFT」や「岸辺の旅」にはそれがかなり顕著であったが、この映画もどこもかしこも、そうしたラディカルさに貫かれている。

その上で、侵略者東出と、地球人の中では唯一、侵略者が概念を奪えない夏帆の対決が描かれていき、その善と悪の間で煩悶するのが染谷という図式となっているが、あの善悪に揺れる染谷のキャラは、黒沢監督談によると、脚本を書いた高橋洋のパーソナリティに近いらしい。

その染谷の煩悶がドラマを転がし、最終的には正気を取り戻した染谷が、夏帆と共に東出と戦う展開となるが、こうしたシンプルな侵略者映画の図式が描かれているわりに、あまり定番なSFホラー映画の感じがしないのは、かっての傑作「CURE」の影が感じられるというのもあるが、やはり先に述べた、全編に渡る古典的なまでの映画原理的描写が、そのままホラーそのものでもあるという、黒沢清作品独特の根源性が貫徹している故だと思う。

怯えながらも気丈に戦う夏帆も、善悪の間で揺れ動く染谷将太も、悪役を一手に引き受けて、「散歩する侵略者」の時と同じように不気味な存在感を見せる東出昌大も好演している。

また黒沢清作品は、残念ながらこれが最後となった大杉漣も、アドリブを効かせながら独特の好演を見せている。

低予算のTV向けSFサスペンスが、低予算故もあって、古典映画的な映画の根源描写で描破し尽くされ、それが同時にホラー描写そのものでもある黒沢清作品独特の根源性が、かなり濃厚に出ている得難い傑作な一篇。 2018/09/29(土) 08:40:45 その他 トラックバック:0 コメント(-)
次のページ