FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『超巨大ハリケーン カテゴリー5』




ロブ・キング『超巨大ハリケーン カテゴリー5』、

2005年にアメリカ東南部に巨大ハリケーン、カトリーナが襲来した。

その時、頑なに家を守ろうとしたC・トーマス・ハウエルの兄弟夫婦は、幼い娘だけ避難させて、結局ハリケーンの被害に遭い、死んでしまう。

そしてまた、威力レベル・カテゴリー5の史上最大のハリケーンが、アメリカ大陸に迫っていた。

暴風雨によって甚大な被害に遭うフロリダの街を見たC・トーマス・ハウエルとその家族は、シェルターへと避難するが、離れたところに住む父・バート・レイノルズが家を守ろうと避難しないだろうことが予想されたため、トーマス一家は父のところへ向かう。

孫のチェルシー・ケインも同じことを予感しており、祖父のバートのところへ向かうが。





史上最強のハリケーンに襲われた人々を描いたディザスターパニック映画。

はっきり言ってかなりの名作である。

しかし信じられないほど低評価だったりする。

それは一部を除いて、大概の観客に、この映画はあんまりちゃんと理解されていないからではないかと思う。

これは、最後に実際に起きたハリケーン・カトリーナの被害者のインタビューが付いているくらい、極めて現実に根ざした映画である。

低予算ディザスタームービーだからって、対岸の火事のような顔をして、やれ迫力がないだの、キャストが地味だの、話がわからんだの言って観てりゃ済むような映画ではない。

まず何故、このように最初は正しい避難マニュアル通りに行動しようとしていた家族が、あのようなハリケーンの災害に遭ったのか?ということが、あまり理解されていないようだ。

つまりは元凶は、バート・レイノルズなのだ。

この映画の中で、最も有名なスター俳優が演じたこの祖父の頑迷さのせいで、家族は災害に巻き込まれてしまったのである。

つまりバート・レイノルズは一番の汚れ役を引き受けているのである。

冒頭でも、C・トーマス・ハウエルの兄弟夫婦がハリケーンが来ているのに、無理に家を守ろうとして死んでしまった。

そして更なる頑固ジジイのバートが、更に家に固執するであろうことを息子から孫からわかっていたから、このクソ頑固な祖父を守るために災害に巻き込まれてしまうのである。

孫娘のチェルシー・ケインは、父母がそうした頑固さのために命を落としたことを知っているので、その二の舞を防ぐために、危険な頑固ジジイ救出に出て、残念なことに自らが遭難してしまうのである。

そして、それこそがこの映画の最大のテーマであり、現実的な警告なのだ。

"ハリケーンのような大災害に遭遇した時、家を守る前に自分の命を守るために避難しろ。

決して頑固に家という財産にしがみつくな。
しがみついても、死んでしまったら終わりだ。"

という、あくまで現実的な警告を訴えている映画なのだ。

これは日本でも数回巻き起こった大地震における最大の警告だったはずだ。

そしてその警告を頑固に受け入れない老人のために、自衛隊がどれだけ危険な救出活動を余儀なくされたか、それをこそ描いているのである。

その危険な救出を、自衛隊ではなく、バートが頑固すぎるがために、家族が行わざるを得なくなってしまった事態を描いた映画である。

その上で、映画全般において、そういう非常事態において、どうやって人々が和解し、頑固な老人に現実的な対処を理解させ、それぞれが助け合ってサバイブするかということを、極めて人間ドラマ的に描いているのである。

だから安っぽくならざるをえない下手なCG処理的な場面はあんまり出てこない。

あくまで非常事態における人間ドラマ、引いては家族のドラマということをメインで描いているのである。

それにしても、アメリカのハリケーン以上に酷い大震災を何度も体験している日本人が、この映画を単なる低予算ディザスタームービーとして対岸の火事的に軽くしか見れないとは…。

名優バート・レイノルズがわざわざ災いの最悪の元凶である頑固な老人役まで引き受けて、現実的に警告していることがわからないのだろうか。

派手なディザスタームービーではないし、低予算映画だろうが、こういう映画を大震災が頻発する日本のような災害大国に住んでいる人間が、対岸の火事的に軽くしか見れないということに少し驚く、れっきとした名作な一篇。 2019/11/23(土) 00:59:35 外国映画 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://shoheinarumi.blog.fc2.com/tb.php/2104-ac285671