FC2ブログ

0線の映画地帯 鳴海昌平の映画評

『団地妻は、わけあってヤリました。』

仁同正明『団地妻は、わけあってヤリました。』

団地に住む三人の主婦戸田真琴、川上奈々美、大槻ひびきは、自ら「団地妻」であることを意識しながら、時には下ネタ混じりのトークに花を咲かせて談笑していた。

しかし皆、表向きは平和な夫婦ヅラをしているが、それぞれ問題を抱えていた。

戸田は、夫がかって同性の男と浮気したことを気にしており、川上は渋々団地に住んでいて退屈していた。

大槻はエロトークばかりしているが、影で売春をしている噂が立っていた。




リバプール・男の週末レーベル作品。

お笑いコンビ・かもめんたるのメンバーで脚本家としても活動している岩崎う大がシナリオを書いている。

日活ロマンポルノの団地妻シリーズにオマージュを捧げた作らしいが、パロディにしか見えないし、どこか小劇団のパロディコント劇のようである。

しかしそれは一概にそう悪いことでもなく、通常のピンクやロマンポルノ、またはVシネエロス系の有りがちな定番テイストを、芸人が脚本を書いたこの小劇団のパロディコント的タッチが壊しているので、三人の団地妻がちゃんと独特にキャラ立ちしたものになっている。

男優陣も中々豪華で、三人の妻たちの夫役を芸人の平井"ファラオ"光、「カメ止め」でブレイクした濱津隆之、篠原正明が演じていて、三人ともよく個性が出ている。

最初の三人の団地妻の下ネタトークをダラダラ見せる描き方も中々異色でいいし、夫婦の問題にも捻りが効いていていいのだが、残念なのは、それ以上には盛り上がらない点だろう。

結局のところ、お話自体は大して面白くもならず、ただコント的なタッチや、随所の笑いの取り方が異化効果として浅く機能しているだけでしかない。

それがドラマ的に、または映画的に面白くなるという連動はなく、なんだか尻つぼみで終わってしまう。

つまりコント劇にはそこそこなってはいるが、ドラマには大してなっておらず、あまり深みがないところが難点だろう。

この手のまあまあ異色作とは言えるが、結局そこまでで、感心出来る出来とは言い難いのが惜しい一篇。 2020/06/30(火) 00:06:41 Vシネマ トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://shoheinarumi.blog.fc2.com/tb.php/2168-1f9e6d5f